August 04, 2018

すごい本川達雄先生

 大好きな本川達雄先生の本です。
 昆虫・節足動物、軟体動物、棘皮動物、脊索動物、脊椎動物の体の構造を徹底的に説明してくれます。
 各章ごとに、本川先生作詞作曲の歌がついている、これがすごい。
 特に思い入れがある棘皮動物、その中でもナマコ、脳もなく、心臓もない、ほとんどエネルギーを使わずに生きている。脳もなく、心臓もない生物は数多くいるのですが、ついつい、自分と同じ目線で物事を考えるから、誤解もするし、現実も知らず、管見でしかモノを見ない。
 ナマコは、こすって刺激を与えると硬くなります。さらに刺激を与えると、白い液体を噴き出してどろどろに融け始める。おそらくYouTubeなどで動画が見られます。すさまじい迫力ですので、心してみてください。
 脊索動物について触れる書物が少ないので、極めて貴重です。そう、Falconが気に入らないと腹を立てている、日本十進分類法で節足動物485の続きにある原索動物485.9です。ナメクジウオやホヤの仲間です。この本で、ホヤのほうが私たち脊椎動物に近いということがわかり、ビックリ。
 ちょっと専門的で、「わたし、理科嫌いだったのぉ〜」と叫びたくなりますけど、そこは抑えて、驚きと発見に身をゆだねましょう。



01:12:16 | falcon | comments(0) | TrackBacks

ある読書論

 森博嗣(もり,ひろし)さんの『読書の価値』(NHK出版新書;547)を読みました。
 ちょっと冷めた感じで、子供たちに読書を勧めたいと必死になっている人、読書離れが進んでいると憂いている人には、実に物足らない!、読むだけ無駄!と放棄すると宣言するでしょう。
 けれども、Falconは正直、納得できました。
 同じエピソードが何度か語られていますが、読書の勧め方が暑苦しくなく、さわやかな印象でした。
 泣けたとか、感動するとか、叫ばれても、読む気が減退します。
 今更、名著です、『夜と霧』を読みましょうと言われても、困る。この本には、そういう売りはありません。
 自分で本を選ぶ喜びが描かれている。
 あまり期待しないで読むと、著者の考えになじみます。


01:04:42 | falcon | comments(0) | TrackBacks

May 20, 2018

サラミス島の修道院

 ただいまギリシャの首都アテネ近郊の港町ピウレスにいます。
 研究大会のため、滞在しています。
 サラミス島のパナイア・ファネロメニ修道院へ行ってきました。
 サラミスといえば、ペルシャ戦争のサラミスの海戦を思い出します。
 サラミス島のファネロメニ修道院は18世紀に描かれた壁画が素晴らしいと『地球の歩き方』にあったので、行きました。ところが『地球の歩き方』には詳細な情報が無かったので、大変困りました。
 私はピレウスから843のバスでペラマというサラミス島対岸の港町まで行きました。アテネ圏内なので片道1.4ユーロで行けます。アテネ・トラベルカード24時間券(4.5ユーロ)も使えます。アテネ市内のオモニア広場からもペラマ行きのバスが出ます。ピレウスからペラマまで約30分です。
 ペラマからはサラミスまで頻繁に渡し船が運航しています。片道1ユーロです。約15分で対岸に到着します。
 問題はここからです。修道院までは8Kmあります。バスが運行していることがわかりました。港の近くのバスステーションから、ほぼ1時間に1本ほど発車するようです。片道1.7ユーロで、バスステーションで往復購入できます。
 私は11時5分発のバスに乗りました。修道院の入り口近くのバス停まで25分から30分程度でした。美しい風景が楽しめます。ここが古代の激戦地だったとは信じがたい。
 修道院の壁画は9時から13時まで、15時から18時まで公開されています。昼休みがあるので注意してください。ろうそくのすすで壁画が汚れていたので、日本の共立女子大学の木戸雅子教授のプロジェクトで修復されて、2013年から公開されています。
 帰りのバスですが、降りた時と同じバス停で乗ります。バスは巡回しています。帰りは別のルートで港へ戻ります。なにしろ、修道院周辺は風光明媚ですが、車もまばらにしか通りません。ひたすら不安を押し殺して待ちました。
 それでも訪れる価値はあります。Moni Kimiseos Theotokou Faneromenis
 アテネを訪れた折には、是非、訪れてください。

05:43:59 | falcon | comments(0) | TrackBacks

March 05, 2018

大学生の読書率

大学生の読書率、公共図書館も少なかった、学校図書館も閉ざされていた時代のほうが、しかも受験戦争が厳しく高校生の読書率が低かった時代のほうが高かったのは、子どもの頃の読書習慣と図書館の影響はほとんど関係ないと論じるのが、実証的な科学的な論議だと思う。
 日本では、1992年の規制緩和で大学数が1.5倍になり、少子化で格段に広がった間口で、読書をしないレベルの学生を受け入れた結果、読書率が下がったと考えるのが妥当である。
 大学進学率は1990年24.6%→2010年50.9%、20年間で2倍になっている。読書をしない学生が含まれるのも当然であろう。
 これを理解できないとすると、リテラシーの欠如だね。

00:18:47 | falcon | comments(0) | TrackBacks

February 13, 2018

初の文楽

 昨夜、東京の国立劇場・小劇場で、はじめて文楽を観劇しました。
 近松門左衛門の『女殺油地獄』
 ショッキングな殺傷シーンに圧倒されました。
 義太夫の弁舌にも魅了されて、本当に楽しいひとときでした。



18:01:28 | falcon | comments(0) | TrackBacks